タッチの精度向上

現代では、ほとんどの人がスマートフォンを使用していますが、スマホの登場は非常に画期的でした。「ガラケー」と呼ばれる携帯電話が主流だった時、携帯電話はキーで操作するものという感覚が一般的にあったため、タッチ操作の携帯電話は人々を驚かせたのです。

その仕組みを初めて利用したのが初代iPhone。スマホの原型を作ったのは、Apple社だったのです。その後iPhoneは、タッチ機能をより利便性の高いものへと発展させていきました。例えば、iPhone 5sから導入された「Touch ID」機能では、指紋認証により指一本でロック解除ができると評判になりました。この方法は、他社のスマホへも影響をもたらし、便利なロック解除機能として使用されています。また、iPhone 6sから登場したのは「3D Touch」機能。ディスプレイの中の感圧センサーを利用して、タッチする力加減によって様々な使い方ができるというものです。画面を強く押すと指が埋め込まれる感覚があるため、今まで感じたことのないような操作方法になります。

このように、iPhoneは独自のタッチ性能を向上させて、今までにない新しい機能を生み出してきました。今後もタッチ機能の進化に注目です。