進化するiPhone

スマートフォンの代表格として、高いブランド力を誇るiPhone。実は2017年は、iPhoneがApple社から発表されて10年目の節目となります。ここまでiPhoneが人気の商品となった理由は一体何なのでしょうか。この10年間で遂げた進化を探っていきましょう。

初代iPhoneが発売されたのは2007年。この頃はまだスマホがない時代だったため、タッチ操作の携帯電話は非常に新鮮でした。しかし、今のスマホほど便利なものではなく、初めから備わっているアプリしか使えない状態。日本での発売もなかったことから、iPhoneが日本人の身近になるのはiPhone 3Gからでした。このような始まりから徐々に便利な機能が追加され、現在のiPhone7/7 Plusへと成長。そして、iPhoneで見逃せない進化といえば、カメラの性能とタッチ機能の向上でしょう。CMでもカメラの画質の良さをアピールするほど、Apple社は昔からカメラ機能に力を注いでおり、今でもその進化は止まっていません。タッチ機能では、「Touch ID」や「3D Touch」を生み出し、その便利さはユーザーから高評価を得ています。同時に、他社のスマホメーカーもこの機能に刺激を受け、その影響力は大きいもの。iPhoneの進化が他のスマホの進化にも繋がっているのです。

そこで当サイトでは、iPhoneの二つの機能に焦点を当てて、その進化の過程をご紹介。より詳しくiPhoneの高い性能を振り返っていきます。


◆ ピックアップサイト~iPhone関連~ ◆
iPhoneのカメラ機能は非常に高性能で、仕事とプライベートの両方で使っている人も多いでしょう。もしカメラが壊れてしまったら、不便な生活を送らなくてはなりません。そのようなときは、即日で修理をしてくれるiPhone修理業者が役立ちます … iPhone修理 即日